ふりん募集掲示板で素敵なふりん相手が見つかる forum de paris

職場のふりんは適度な優越感を伴う

p138363737192_640x640 (2)
家族以上に毎日顔を合しているのだから、職場で恋愛感情が生まれることは当たり前とも言われています。
結婚してからある程度の時間が経過してしまうと、付き合っている時や新婚時代とは関係自体が変わってくるのは致し方ないことで、何らかの不満を抱えていることだって少なくはありません。
そんな中で好意を寄せている相手と、キッカケさえ有れば急速に近づくことだってあるのです。
職場はふりんのキッカケがゴロゴロ転がっている場所といってもいいでしょう。

特に女性の数が多く、男性の数が極端に少ないようなシュチュエーションの職場だと、そこに働く男性に対して人気が集中するということが多々起こります。
もしその男性の意識が自分に向いたとしたら、どうでしょう。
他の女性に対して優越感を感じる人も少なくないはずです。
羨ましいと言う気持ちが嫉妬心や妬みを生み、それを向けられた「数少ない男性を射止めた女性」は「意地悪をされている」という危機的な意識の中で更に自分の相手となった男性に対して燃え上がるものを感じてしまいます。
男性が少なく女性が多い職場においては、こういう状況になることは多く、その優越感がふりんに走らせるのです。

例えば病院などは圧倒的に女性の看護師の数が多く、医師は男性が多い。
コールセンターなども女性が多く、男性はごく一部で管理職という職場です。
またクリエーター系の職場も、その傾向にあります。
国内生保を扱う職場も男性が少なく女性が多い職場がほとんどですが、この場合には「古参」の女性が大変な力を持っていて男性管理職よりも強いということがありますので、入社間もない若い女性たちはふりんをしている余裕もありません。
もし就職においてふりんへの期待感が大きいのであれば、国内生保の会社はあまり思うようにはいきません。
それにお客さんとして男性と接する機会が毎日のようにありますので、あえて先輩の目が光っている職場でふりんをする危険を冒す必要はないのです。

しかしこれが外資系の生保になると、全く違います。
男性の数が多くなりますし、男性もアグレッシブな傾向にあります。
「ふりんも甲斐性」と考える人が多くなりますので、男性優位で展開されやすい環境になるのです。
女性の数が多い職場とは、少々異なってきます。

この「優越感」に近いものとして、水商売におけるマネージャーの男性と従業員の女性のカップルもあります。
こういった商売では商売道具に手を出すのはご法度とされていますので、職場恋愛を固く禁じている店舗がほとんどでしょう。
しかしその「禁じている」ということが返って燃え上がらせることにもなりますし、女性優位の職場ですから歪んだ優越感を感じてしまうこともあります。

■サイトマップ

ふりん募集掲示板を利用する